ココテラスホームロゴ

徳島市の工務店/注文住宅・リフォーム・リノベーション

ウォークインクローゼットを寝室に設置しても良い?メリット・デメリットをご紹介!

家づくりにおいては、衣類を収納できるクローゼットを確保することも大切です。
従来のクローゼットは扉を開けて衣類を取り出すことが一般的でしたが、現在は人が入れるクローゼットである「ウォークインクローゼット」が主流になっています。
本記事では、ウォークインクローゼットの特徴についてお伝えします。
最後には、ウォークインクローゼットを設置する際のコツについてもご紹介いたしますので、ぜひ最後までご覧下さい。

□寝室にウォークインクローゼットを設置するメリット・デメリットとは?

*ウォークインクローゼットを設置するメリット

まずは、ウォークインクローゼットの中で着替えられることです。
衣類を取り出したその場で着替えられることは、大きなメリットと言えます。
扉を閉めれば独立したスペースになるため、寝室に他の人が居たとしても気にせずに着替えることが可能です。

次は、衣類以外も収納できることです。
タンスとは異なり、ウォークインクローゼットは布団乾燥機や暖房器具などの寝室で使う家電類も収納できます。
それだけでなく、衣類に使うアイロンや裁縫箱なども取り出しやすく、片付けやすいので非常におすすめです。

*ウォークインクローゼットを設置するデメリット

まずは、乱雑になりやすいことです。
整理整頓が得意ではない人は、特に注意しましょう。
ウォークインクローゼットは広さがある分、ただ物を詰め込むだけになることがあります。
整理整頓せずに詰め込むと、どこに何があるのか分からなくなり、奥や下に入った物が取り出しにくくなります。

次は、収納しすぎると歩くスペースがなくなることです。
歩くスペースを確保しながら収納しないと、物置のようになります。
空いているスペースを全て収納に利用したいという方にはおすすめできないので、注意しましょう。

□寝室にウォークインクローゼットを設置する際のコツとは?

設置する際のコツは、収納する物の適切な場所を考えることです。
使う場所と収納する場所の距離が最短になるような動線を意識した収納にすることで、暮らしやすくなります。
家事や身支度の効率が上がり、ストレスのない生活を送れるでしょう。

また、広いウォークインクローゼットであったとしても、何をどこに収納するのか、どのような時に収納した物を使うのかなどをイメージすることが大切です。
イメージすることで、ウォークインクローゼットの魅力を最大限発揮できるので、上手く活用するようにしましょう。
当社では、想い描いたイメージをもとに最適なプランを作成いたしますので、ぜひ一度ご連絡下さい。

◻まとめ

ウォークインクローゼットは、中で着替えられたり衣類以外も収納できたりなどのメリットがある一方で、乱雑になりやすいといったデメリットも存在します。
そのため、寝室にウォークインクローゼットを設置する際は、収納する物の適切な場所を考えるようにしましょう。
新築やリノベーションをお考えの方は、当社が開催する家づくりについてのイベントの参加も含めて、お気軽にご相談下さい。

CONTACT

家づくり・土地に関して、ご相談・ご質問ございましたら
お気軽にお問い合わせ下さい。

9:30~18:00 定休日:土曜・日曜・祝日

お問い合わせいただいて
すぐ丁寧にお届けします!

カタログ請求する

お子様連れ大歓迎!
お気軽にお越しください!

来店予約する

期間限定イベントに
ぜひご参加ください!

イベント情報みる

Copyright©株式会社ジャルテック All Rights Reserved.
カタログ請求・お問い合わせ イベント情報 土地探し