本文へ移動

CöCöスタッフブログ 旧

CöCöテラスHome BLOG

クローゼットの扉

2020-10-17
 
こんにちは、CöCöテラスHome乾です点滅している星
今日は、一段と冷えますね…。
ついに私も、事務所で足元ヒーター解禁しました(笑)
 
これからまた寒くなると、足元ヒーターを
抱えながら仕事する日々が始まります(笑)
 
 
さてさて今日は、クローゼットの扉について。
 
昔はあって当たり前だったクローゼットの扉。
最近は、クローゼットの扉をあえてつけない
という方が増えているみたいですねきらきら
 
扉をなしにすることで、実用性や安全性などの
メリットが出てきます(^^)
 
 
洋室のクローゼットの扉は、折れ戸が多いように
思いますが、他にも引き戸や開き戸と種類があります。
 
例えばクローゼットの中の通気性…。
気になったことありませんか??
 
その日に着ていた普段洗わないようなコートなど。
そのまま締まって扉を閉める…
 
私は完全になしです!!!(笑)
 
 
子供部屋なんかは、扉がないほうが
使いやすいし、片付けやすいかな?なんて
思ったりもします点滅している電球
 
 
他にも、
 
点滅している星空間を広く使える
点滅している星指を挟まない
点滅している星扉を開け閉めする動作が省ける
点滅している星湿気がこもらない
点滅している星コスト削減
 
中身が丸見えになるから嫌だと思われる方も
多いと思います。
 
しかし!!!
 
考え方を変えれば、
見せる収納で綺麗にする意識が持てるかも??
 
 
もちろんデメリットもあります。
 
・物を隠せない
・衣類にホコリがつく
・日光が当たり、衣類が日焼けしてしまう
・冷暖房効率がさがる
・防虫剤や除湿剤の効果が得られにくい
 
 
ですが、デメリットを解消する為に解決法は
色々あると思います(^^)
 
 
どうしても散らかったり、人を呼んだ時に中を
見られるのが気になったりするようになるかもしれません。
 
そんな時にはカーテンや、ロールスクリーンを
付けることによって簡単に中を隠すことができます。
 
後付けで扉をつけるなどの工事をする必要がないので
安心して扉のないクローゼットにすることが出来ると思います♪
 
 
 
 
 
 
TOPへ戻る