本文へ移動

CöCöスタッフブログ

CöCöテラスHome BLOG

家づくりの豆知識2

2020-08-25
上がり框って?!
ココテラスホームの吉崎です点滅している星
残暑厳しいですね汗
 
今日はまた家づくりに携わるNEWワードをご紹介。
「あがり框(かまち)」って聞いたことありますでしょうか?!
 
私はまったく聞いたこともなく、頭の中は「???」だらけでした。
家づくりのお打ち合わせの時は、当たり前のように飛び交う言葉が結構知らないことが多くて、訳が分からなくなることもあります。
そんな時は、「それはどこの部分ですか?」という感じで、その時その時に確認した方が安心かと思います口を広げてにっこりした顔
 
さてさて、その「上がり框」という部分ですが、、、
玄関で靴を脱ぐ段差についている、横木のことを指します。
 
日本では、玄関で靴を脱ぐ習慣があるため、玄関の上がり框は「家の顔」と言われ、大事にされてきました。
「家にあがる」という表現の通り、古くから日本人が持ってきた境界感覚がこの段差に表れています。
また、上がり框は空間を分ける役割に加えて、コミュニケーションを生み出す場としても重視されてきました。
訪問者をわざわざ室内に迎え入れるほどでもないとき、上がり框に座ってもらうことで同じ目線の高さを保てるため、近所の人が訪れて玄関先でおしゃべりするときなど気軽なコミュニケーションの場として重宝されていたようです。
 
家づくりを進めてると、日本人としての古き良き伝統がどこかしろに入っている気がします。
改めて日本人ってすばらしいと思わざるを得ません。
 
まだまだ勉強中ですが、いろんなことをこのブログを通してお知らせできたらいいなと思っておりますきらきら

 

TOPへ戻る