本文へ移動

自然素材住宅

あなたの家の空気は安全ですか?

  • 特に赤ちゃんやお子さんは床から揮発する化学物質の影響を受けやすくなります。
  • 長時間を自宅で過ごす高齢者や主婦の方がシックハウス症候群の影響を受けやすくなります。

シックハウスの原因はいろいろあります。

こんなところも原因のひとつ?と思いもしないコト・モノが健康に影響をもたらすこともあるのです。
建物の構造・建材の品質や換気設備は室内の空気を汚す原因になることがあります。
CöCöテラスHome では
カラダに優しい本物の自然素材
家づくりをしています。

シックハウス症候群について

住宅の高気密・高断熱化が進む一方で、建材に含まれる化学物質によって
心身の不調を訴える人も増えています。
目の痛みやかゆみ、頭痛や集中力の低下など人によって症状はさまざまですが、新築やリフォームをきっかけに、「シックハウス症候群」を発症するケースは少なくありません。
一般的な住宅に使用されている合板や壁紙、塗料や接着剤などには、ホルムアルデヒドをはじめとした有害な化学物質が含まれていることが多く、室内の空気が汚染され、不快な症状を引き起こす原因となります。
さらに、汚れた空気の中で生活をし続けることによって、より深刻な健康被害を招く恐れもあります。
長い時間を過ごす場所だからこそ、健康で安心して暮らせる住まいを提供することが大切であると考えます。

■ 自然素材住宅の購入について大切なこと

家づくりを考えていく中で、デザインや機能性だけでなく最も重要なことは「健康で暮らせる家であるかどうか」です。
日本は先進国の中でもシックハウス症候群に悩んでいる人たちが非常に多い国です。
シックハウスの様々な症状は、原因物質が直接肌に触れたり、空気中に発せられる化学物質によって引き起こされます。
化学物質過敏症の人だけでなく、赤ちゃん、年配の方などは特に影響が出やすく心配です。
そのため今日では「自然素材住宅」を検討される方が増えています。
しかし、売られている「自然素材住宅」がすべて本当の健康住宅かといえば残念ながらそうではありません。
ご家族の健康と未来を考えて、「本物の自然素材住宅」を選ぶことが大切です。
◆ わかりにくく、不透明な自然素材住宅について

□ 無垢材にウレタン塗料が塗られている
□ 珪藻土に化学物質が含まれている
□ 漆喰と謳いながら化学物質が含まれている
□ 合板フローリングを使っている
◆ 本物の「自然素材住宅」とは
□ ビニールクロス・ビニールシート未使用
□ 床板、建具は全て国産無垢材
□ 屋根瓦は三州陶器瓦
□ 構造柱は全て無垢材
□ 琉球や天然鉱物の塗壁
□ 食品でつくった糊( 接着剤)
□ 一部分だけ自然素材を使用している
□ 自然素材に似せた、石油化学製品を使用している
□ 自然塗料と謳いながら化学物質が入っている
□ 自然素材を熟知している住宅会社が少ない

■ 「自然素材にこだわる家」とは

自然由来の素材は人間と同じようにいつでも呼吸をしています。つまり、家に姿を変えてからも生き続けているのです。
自然素材にこだわった家はやさしくてあたたかいだけでなく、部屋の空気をきれいにし、湿度を調整する特性も持ち合わせています。
このため、一年を通じて心地よく暮らすことができるのです。
本物の自然素材の家
「木の家」をうたった家が増えています。
それはとても喜ばしいことなのですが、中には本物ではない木の家も存在します。
いわゆる合板や集成材は化学物質を含んだ接着剤で結合されていることも多く、そこから発生する有害物質がシックハウスやアレルギーの原因になることが少なくありません。
当社では化学物質を一切含まない天然木をはじめ、琉球の石灰岩や天然鉱物の塗り壁など、すべて自然由来の素材を使用した「本物の自然素材の家」をつくっています。
呼吸する家
天然木も自然素材の塗り壁も優れた調湿性や脱臭性を備えています。
湿度をコントロールし、臭いを吸着するはたらきがあるのは、素材そのものが呼吸をしているから。
室内の空気を浄化してくれるだけでなく、素材の持つあたたかさややさしさが、住む人の心と体を癒してくれます。
つくる喜びがあふれる家
本物の自然素材の家は、熟練した技を持つ職人の手によってつくられます。
責任と誇りを持って家づくりをする職人のよろこび、そして思い描いた夢がかたちになっていく家族のよろこび。
自然素材にこだわる家は、つくり手と住む人が「つくる喜び」をともに感じられる理想の住まいです。

自然素材の特徴

木材の強さ

木材はハチの巣に見られるようなハニカム構造をしており、軽量であることはもちろん、圧縮や曲げなどの力に非常に強いという特徴があります。同じ重さで材料の強度を比較した「比強度」の値を見ても、鉄筋コンクリートをしのぐ高い強度を持つことが証明されています。このため、地震などの揺れにも強く、自らの重さで建物が崩壊してしまう危険性を減らすことができます。

木の調湿作用

木の持つ不思議な力のひとつが調湿作用です。
木は木材になってからも呼吸をし続けているため、
湿度の高い日は空気中の水分を呼吸し、反対に湿度が低い日は自らが蓄えた水分を放出して部屋の湿度を調節してくれる働きがあります。天然木を使った本物の木の家だからこそ生まれる快適な空間。雨が多く湿度の高い日本の気候風土にもっとも適した住まいです。

耐火性能

一般的に火災に弱いと思われがちな木造住宅。
実は、鉄やコンクリートよりも耐火性に優れているという特徴があるのです。一定以上の太さや厚みのある木材において、火災などによって表面が焼け焦げた状態になると、そこに炭化層という膜ができ、木の内部に熱や炎が進行するのを遅らせる作用があります。鉄などと違い、熱による急速な強度低下を防ぐことができます。

快適性

木は調湿作用のほかにも、脱臭効果や遠赤外線効果などがあることが知られています。浄化された空気とやさしいあたたかさに包まれる住まいは、まさに癒しの空間。清々しい木の香りにはリラックス効果があり、家に居ながらにして森林浴をしているかのような心地よさ。やわらかく肌触りの良い天然木の床は、足に優しく、赤ちゃんや子どものいるご家庭にもおすすめです。

デザイン力

天然木をはじめとした自然素材はそれぞれに異なる表情を持っています。たとえば、木の種類が違えば色や硬さも異なりますし、
同じ種類の木であっても一本一本クセや模様が違ってきます。自然素材の持つ特性や風合いを生かしながら、好みやライフスタイルに合った個性的な住まいづくりが可能です。和風もモダンもシンプルも。家族のリクエストにお応えします。
 

安心・安全

家に求められる一番大切なことは、なんといっても「安心・安全」。天然素材を使うことによって「調節作用」「抗菌・脱臭作用」「リフレッシュ効果」「シックハウスの抑制」など、家族の健康を第一に考えた思いやりの住まいが完成します。また、しなやか強靭な本物の木の家は丈夫で長持ちするうえ、災害にも強く、家族の暮らしをしっかり守ってくれます。
TOPへ戻る