本文へ移動

Performance(性能)

家族の健康を守る家づくり
CöCöテラスHome
優れた品質

 
間取り、デザイン、設備、インテリアなどは、自分の好みで比較し選べますが、性能については、ほとんどの場合、建築会社任せになってしまいます。 家を建てるには、「建築基準法」という法律に従って、建てなければいけませんが、この法律に従っているからと言って、誰が建てても同じになるということはありません。
そして、この性能こそが、実際に住んでからの、寒い、暑いといった暮らし心地や、生涯払い続けないといけない光熱費、また万が一の災害の時に大きく影響してくる部分となるんです。

車と同じように住宅の性能も数値で表せるんです。ご存知でしたか?

車なら「燃費」は「リッター何キロ」、「総排気量」は「cc」で表します。
これを住宅で表すと「断熱性能」は「Ua値(Q値)」、「気密性能」は「C値」、「耐震性能」は「耐震等級」となります。
Ua値?C値⁇聞きなれないですね。どれだけあたたかさや涼しさを保てて、隙間風なく、地震に強いかということを表しているのです。
 

Ua値(ユーエー値)

 
 
 
 
 
国の基準

Ua値0.87  
←※2020年基準!
弊社 標準
Ua値
0.56
※6地域での基準
国の基準よりずっと低い「0.56」です!
 
 
 
 
 

C値(シー値)

 
 
 
 
 
 
 
国の基準
C値 5.0
※省エネ基準
弊社 基準
C値
0.3
CöCöテラスHome は、国の基準より気密性の高い「0.3」!
 
 
 
 
 
 
 
 
CöCöテラスHome では、高気密住宅の目安となるC値2.0を超える、C値0.3を基準とし、全棟において超高気密住宅を目指しています。
そして、住宅の構造体と開口部(サッシ・ドア)の工事が完了した段階で、一邸一邸、機密測定を実施し、性能値を確認。
お客様にも性能報告書にてご確認いただいております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
CöCöテラスHome
地震に強い家

 
 
 
 
 
一般的な従来工法(筋交い補強)
モノコック構造
CöCöテラスHomeの耐震構造は壁・床・天井が一体化した箱形を構成するモノコック構造。航空機や自動車ボディの技術から発達した構造で、大きな外力にも変形しにくい特徴を持ちます。住宅においては、地震や台風などの外力が接合部などに集中しにくく、建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。
 
 
 
 
CöCöテラスHome では、耐震等級3の安心・安全な家で1度目の地震だけでなく
2度目の地震にも耐えられる家を創ります。
 
 
 
 
 
 
 
CöCöテラスHome
第1種 換気システム

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
CöCöテラスHome
無結露保証

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CöCöテラスHomeの家づくりは長期優良住宅!

 
高性能断熱パネル
 +
計画換気システム
  +
高断熱サッシ・ドア
 
によって高断熱・高気密・高耐震構造の家を創ります。
TOPへ戻る