本文へ移動

耐震性能 モノコック構造

モノコック構造とは?


6面体の一体化構造である強靭なモノコック構造

壁・床・天井が一体化した強固な箱形を構成する「モノコック構造」。
地震や台風が多い日本の気象条件にマッチした工法と言われ、大きな外力にも変形しにくいのが特徴。
住宅においては、地震や台風などの外力が接合部分などに集中しにくく、建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。


       一般的な在来工法(筋交い補強)                                    モノコック構造
モノコック構造はもともと航空機用に開発された構造

「モノコック構造」はもともと、極限の強度が求められる航空機用に開発されたものです。
スペースシャトルや新幹線、F1レーシングカーといった極めて強固さが求められるものに使われている構造のことで、「外皮が強度部材を兼ねる構造物」を指します。
外皮とは家でいう天井や壁、床などのことです。

日本に古来から伝わる木造軸組構造は木の柱や梁などの「骨組み」で支えられているのに対し、モノコック構造の家は「外皮(天井や壁や床)」全体で支えて受け止める画期的な構造です。

総合的に優れているモノコック構造

モノコック構造の家は、柱や梁、土台を構造用パネルで一体化し、6面体の箱型にすることで外からの刺激を建物全体で受け止めることができます。
従来の木造軸組構造は骨組みで支えるので、外からの力でゆがみや変形を起こす心配がありました。現在のモノコック構造は外からの力を全面体で受け、バランスよく力を分散して変形しにくい仕組みになっているため、木造軸組構造に比べて強度が高い家を建てることが可能になりました。
また耐震性や耐久性だけでなく、モノコック構造は耐火性・遮音性・耐熱性にも優れています。
さらに6面体の箱型にすることは頑丈さだけではなく、空間設計においても良い効果をもたらし、6面の壁が家を支えているので柱を使用する必要がなく、自由な設計で住居空間を確保でき、優れたコストパフォーマンスを実現しています。


TOPへ戻る