本文へ移動

換気性能

換気性能の重要性

あなたが住宅を購入するにあたって気にするのは間取り?デザイン?耐震性?どれでしょうか。
どれも重要ですが、室内の快適さを保つ要素も忘れてはいけません。
今回は、地味に思われがちですが毎日24時間働いてくれる「住宅の換気システム」についてのお話です。





私たちが毎日、口にしているものの約83%は空気なんです。
特に子供の場合、一日に呼吸する空気量は大人の約2倍。
空気中の汚染物質も約2倍吸い込んでいることになります。
ですから、家族の健康を保つには、「食べ物」「飲み物」
と同じように「空気」の質にも気を付けることが大切です。



家の外にも中にも空気の汚染物質はたくさんあります。
住宅の高気密化と、建材や日用品から出る化学物質などにより、室内の空気汚染が起こりやすくなっています。また、湿度が高いと細菌、カビ、ダニが繁殖しやすくなります。ほかにも屋外から花粉や黄砂、ウイルスなどの侵入があり、室内の空気中には汚染物質が数多くあります。
だから、家の中の空気をクリーンに保つ換気はとても重要です。


換気システムの基本

換気なんて窓を開けておけばいいんじゃない?なんて思われるかもしれませんが、実は建築基準法によって常に計画的な換気を行うことが義務付けられているのです。
♦換気システムとは
換気システムとは、窓を開けずに換気装置を使って強制的に空気の入れ替えができる仕組みです。キッチンやトイレ、浴室にある換気扇も排気を局所的に換気を行う換気システムです。下記では住居全体を24時間換気するための全体換気についてご説明します。
♦換気システムの必要性
換気システムは建築基準法によって定められています。その背景には、住宅の気密性が高まったことによって建材などから出るホルムアルデヒドやアセトアルデヒドといった化学物質がもととなるシックハウス症候群が問題となったためです。この対策として1時間で0.5回、つまり2時間で部屋全体の空気が入れ替わるよう計画的な換気設備が義務となりました。また、化学物質は年月が経てば減っていきますが、その他にも人間の吐き出す二酸化炭素や、一酸化炭素。ホコリなどが室内に溜まるため換気が必要です。
さらに、計画的に換気を行い給気時に外気をフィルターを通して取り込む方式を採用すれば花粉や塵をシャットアウトすることができます。また、換気によって家全体の空気を動かすことによって結露やカビの発生を抑えることができます。


換気システムの種類

換気システムには第一種換気・第二種換気・第三種換気の3種類があります。給気、排気をそれぞれ機械的に行うか自然に行うかに違いがあります。


♦第一種換気
第一種換気は給気、排気ともに機械換気で行い強制的に換気をします。そのため、空気の循環を管理する上では最も安定していると言えます。しかし、他の換気方式よりも設備が複雑になるため高価になります。



♦第二種換気
第二種換気は給気を機械的に行い、排気は自然に排気口から行います。機械的に空気を取り込むことによって外部より室内の気圧が高くなるため(正圧)ドアを開けた際などに外部から塵やホコリが入り込むのを防ぎ室内を清潔に保ちます。注意点として、気密の低い建物では室内の湿気を含んだ空気が壁内に入り込み、冬の寒い時期にはそこで結露が発生し家を傷める要因となってしまいます。そのため、住宅で用いられることはあまりありません。


♦第三種換気
第三種換気は排気を強制的に機械で行い、給気は自然に任せます。第一種換気よりもイニシャルコスト、ランニングコストともに抑えることができ、住宅において最も一般的に使われている換気方式です。
注意点として、住宅の気密が低い(隙間が多い)と意図しない色々な隙間から外気が入り込んでしまうため、冷暖房費がかさんでしまいます。


第一種換気と第三種換気を選択するときのポイント

♦第一種換気がおすすめなケース
第一種換気は熱交換換気装置を備えることで、取り込んだ外気を室温に近づけ給気することが可能です。
住宅の換気による熱損失は30%と言われ、せっかく断熱性を上げ外の気温の影響を受けにくい住宅にしても、換気で暑い、寒い外気が入ってきてしまいます。そこを熱損失の少ない熱交換換気にすることで、室温を快適に保ちエネルギーを無駄にすることなく換気を行うことができるのです。特に寒冷な地域では省エネ効果が期待できます。
また、給気時にフィルターを通すことで外気の花粉や塵などを取り除き新鮮で綺麗な空気を取り込むことが可能です。アレルギーの原因となる花粉や塵などが気になる方におすすめです。

♦第三種換気がおすすめなケース
第三種換気は第一種換気に比べ設備が簡単なため費用を抑えて導入することが可能です。
さらにフィルターの掃除や交換といったメンテナンスにかかる費用や時間、換気ファンにかかる月々の電気料金といったコストも抑えられます。
換気方式と合わせて、設備の仕組みに違いがあります。コストを抑えたい方におすすめです。

♦ダクト式orダクトレス
第一種、第三種ともに、ダクト式、ダクトレスといった種類があります。
ダクト式とは配管で各居室を繋ぎ一つの機械で換気を管理する方式、ダクトレスとは各居室で吸排気が完結するもの、または第三種換気ではフロアの一ヵ所で排気を行い居室のどこかに自然給気口をつけた一番簡易的なものがあります。
<ダクト式のメリット>
・各室の理想的な場所に吹き出し口を設けることで、理想的な換気経路を作れること
・壁に穴が空いていないので外部の音が直接入ってこないこと
<ダクトレスのメリット>
・メンテナンスコストと電気代が安く、効率的に熱交換換気を行うことができる

TOPへ戻る