本文へ移動

冬の深夜、寝室やトイレの温度を
はかったことはありますか?
 
冬場は深夜になると冷え込み、室温が下がります。トイレに起きて、寝室を出た瞬間にブルッと震えた経験はありませんか?就寝中の布団の中は、およそ28~33℃。室温が10℃程度とすると、起き上がて布団を出たとたんに20℃以上の温度差を感じ、廊下やトイレに移動すると、さらに室温が下がります。このヒートショックこそが健康の大きなリスク、注意が必要です。
 
 
 
 
 
◆寝室・廊下・トイレの温度差のイメージ◆

引越しをして、健康が改善!?
その理由とは何でしょうか?
 
転居前と転居後で、健康の状態がどのように変化したか?という調査を行ってみました。断熱性の高い住宅に住み替えた人が、気管支喘息やアトピー性皮膚炎など、健康を害する諸症状が出なくなったという割合が多いことがわかりました。特に、気管支喘息やのどの痛み、せき、アトピー性皮膚炎における改善率の高さは注目に値します。
 
 
 
◆住宅の高断熱化による健康改善効果◆
冬も節電対策で
寒さをガマンしていませんか?
 
夏はできる限り自然の風を取り入れて、エアコンの利用を抑えるなど、節電対策が求められていますが、冬もエアコンの設定温度を下げて節電されている方が多いのではないでしょうか?しかし、家の断熱性を高めれば、寒さをガマンする必要はなくなります。節電しながら暖かく過ごすことができるからです。光熱費も節約できる、おトクな家でもあります。
夏も冬も、家の気密・断熱性は大切なポイントです。
 
健康と家の断熱性の関わりはご理解いただけたと思いますが、省エネの暮らしを考えるうえで
TOPへ戻る