本文へ移動
CöCöテラスHome では、標準仕様にスーパーウォール工法を採用しています。
スーパーウォール工法は、1年中快適な住空間を実現します。
床暖房がなくても冬に足元が冷えて寒いなんてことはありません!
夏でも就寝時のエアコンの涼しい空気を極力保ったまま保温することができます。エアコンが切れるたびに起きてまたエアコンをつけて‥ということがなく朝までぐっすり眠ることができます。
もちろん、価格は一般的な断熱工法より少し上がりますが、日々の暖房・エアコンなどの電気代のコストカットに価格以上の大きな効果を発揮します!
 
SW工法
最高水準の技術で理想的な住環境を実現する
暮らし性能
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1.温熱環境

 
 
 
気密・断熱性能を高めることで、温度差の少ない室内空間に

冬のリビング、エアコンで暖かい室内でも、「何となく寒い」「足下が冷える」「廊下やトイレは寒い」と感じることはないでしょうか。この温度差は、暮らしの快適性を損ねるだけでなく、ご家族の健康にも影響を及ぼします。そんな、家の中の温度差を少なくするには、住まいの気密・断熱性能を高めることが大切です。
気密・断熱性に優れた家は、部屋の上下の温度差が少ないことが実証されています。暖房が暖房が効いている暖かいリビングなのに、なぜか足下が寒いといったことがなく、拭き抜けや高天井の空間においても、暖房効率を心配する必要がありません。
建物の断熱性能を高めると、家の中の部屋ごとの温度差が少なくなります。交通事故は年々減少傾向にある中で、家庭内の死亡事故は増加傾向にあり、特に寒い時期の部屋間の移動の時や入浴中の死亡事故が多く発生しています。
その主な原因は、入浴時の急激な温度変化によって、血圧や脈拍が変動する「ヒートショック」が起こり、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などを引き起こしたものと考えられています。断熱性の高い家は、冬でも居室と脱衣室やトイレとの温度差が少ないため、ヒートショックを防ぐことができます。
 
 
 
住まいの断熱性能と健康改善の深い関係

 
住まいの高断熱化と健康改善の関係を研究したデータがあります。その結果、断熱性の高い住宅に住み替えた人の方が気管支喘息やアトピー性皮膚炎など、健康を害する諸症状が出なくなったという割合が多いことがわかりました。
 
 
 
就寝前に暖房を止めても翌朝15℃という暖かさ
地域によって違いはありますが、冬場になると夜中の冷え込みが厳しく、就寝前に20℃程度あったリビングの室温が翌朝10℃を下回るということがあります。スーパーウォール工法の家は、断熱性が高いため、たとえ就寝前に暖房を止めても室案が下がりにくく、翌朝15℃程度という暖かさをキープ。朝の身支度の際、着替えで寒い思いをすることもなく、快適に過ごすことができます。
 
 
 
 
 
 
 
 
2.空気環境
カビ・ダニの繁殖を抑えるために、空気のよどみを少なく
家族や住まいの健康を害する、カビ・ダニの発生は空気のよどみも原因の1つになるといわれています。気密性を高め隙間を少なくすることで、外気とともに出入りするホコリや花粉などを大幅にカット。また、計画換気システムの採用により、住まいの隅々にゆるやかな空気が流れ、空気のよどみが少なくなり、カビ・ダニの繁殖を抑えることが期待できます。
 
 
 
 
気密性の高い家は計画どおりの換気が可能

気密性の低い家
スーパーウォール工法の住宅
 
 
気密性が低い住宅では、窓や壁の隙間から外気が侵入し、空気の流れにムラができ、住まい全体の空気を隅々まで入替えることは難しいのに対し、スーパーウォール工法の家では、高い気密性によって住まい全体の計画的な換気が行え、空気のよどみを少なくすることが可能です
 
 
 
 
フルダクト式の熱交換型換気システムECOAIR90は、理想的な換気を実現

フルダクト式の特徴は、外気からの空気を取り込む給気口と汚れた空気を外に逃がす排気口がそれぞれ1カ所であるということです。これによって、住宅全体の換気・通風のコントロールが行いやすいというメリットがあります。
 
 
 
 
室温の温度・湿度を保ちながら効果的に換気を実施
一般的に換気を行う場合、窓開けや給気口から取り入れる外気とともに、外の温度や湿度も一緒に取り込んでいます。しかし、全熱交換型換気システムECOAIR90を使用することにより、高効率の熱回収と湿度の交換で、室内の快適さはそのままに換気を行うことが可能になります。
 
 
 
3.災害への備え
 
 
 
 
地震や台風に強いモノコック構造

 
スーパーウォール工法は、壁・床・天井が一体化した箱形を構成っするモノコック構造。航空機や自動車のボディの技術から発達した構造で、大きな外力にも変形しにくい特徴を持ちます。住宅においては、s地震や台風などの外力が接合部などに集中しにくく、建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。
 
 
 
大規模な地震に備えるための耐震等級3の設計を推奨
住宅の耐震性能は、国土交通省が2000年に定めた住宅性能表示制度の中で、耐震等級として示されており、建築基準法では、極めてまれに〔数百年に一度程度)発生する地震でも崩壊しない程度の耐震性を等級1としています。しかし、専門家の間では等級1では不十分であるという意見もあります。スーパーウォール工法の家では、大規模な地震への備えとして、最高等級となる耐震等級3の設計を推奨。消防署や警察署など、防災の拠点となる建物の基準に相当し、より安全性の高い住まいが実現できます。
 
 
 
さまざまな災害における、信頼の実績

地震大国である日本において、数々の大規模地震が発生する中で、スーパーウォール工法の家は、巨大竜巻や台風・豪雨など、風や雨の自然災害にもその強さを発揮。東日本大震災の甚大な妻に災害においても、奇跡的に倒壊を免れた例があるなど、様々な災害に対する信頼の実績を持っています。

全国のスーパーウォール工法で建てた家の災害レポート

集落が壊滅的な被害を受けた中で全半壊を逃れた
お施主様:『16軒の集落で15軒が前回・半壊する中で、ウチだけが少ない被害ですみました。国交省の方から、図面を見せてほしいといわれました』
2004年 新潟県中越地震
建物の上を巨大竜巻が通過、周囲は倒壊する中で構造躯体は無事
お施主様:『翌日には電気も復旧し、そのまま生活を続けることができました。周囲の建物が倒壊する中、この程度の被害ですんでよかったです』
 
2006年 北海道佐呂町竜巻
津波が押し寄せたにも関わらず、家の中が少し濡れただけ
お施主様:『1m以上も水が上がったのに、床の表面が擦れただけ。雑巾で拭くだけですみました』
2011年 東日本大震災
 
 
 
 
4.耐久性
 
 
 
建てた時の性能を、ずっと維持し続けるために

家族が末永く快適暮らすために、世代を超えて住み続ける家であるために、また、資産価値を維持し続けるために、建物の耐久性は重要です。湿気による壁内部への結露の発生を抑えることと、断熱材の耐湿性が性能を維持し続けるためには重要なカギとなります。
 
 
 
 
住まいの強度低下・劣化の主な原因は、壁体内結露
 
 
結露の水分によって廃朽菌が発生し、柱や土台を腐らせ、建物の寿命を縮めます。
室内で発生した水蒸気が壁の中に入り込む、結露が発生する場合があります。
 
 
住宅の壁の内部には断熱材が入っています。この断熱材のおかげで気密・断熱性が高まり、室内の快適性を保ちます。しかし、内部と外部の温度差ができ、室内の湿気が壁を通過して断熱材の中で結露する場合があります。その結露を放置しておけば廃朽菌が発生し、接している柱や土台が腐食。家の耐久性や強度低下の原因となります。
 
 
 
 
実証されている硬質ウレタンフォームの耐久性
スーパーウォール工法で使用されている断熱材は高性能な硬質ウレタンフォームです。硬質ウレタンフォームは、吸水性実験からも水を通しにくい素材であることが実証されており、型崩れなどがなく、高い断熱性能を長年にわたり保ち続けることができます。
 
 
 
 
スーパーウォールの断熱材は、35年無結露保証付き

 
スーパーウォールの断熱材は、水分を透しにくい硬質ウレタンフォームなので、室内からの湿気をガードし、断熱材内部に結露を発生させない高性能な断熱材です。断熱材内部の結露によるれっけを35年間保証する保証書がついています。※保証対象は、壁・屋根・小屋裏・小屋にしようしている断熱材となります。
 
 
 
 
築20年後に解体したスーパーウォール工法の家がその耐久性を実証

築20年のスーパーウォール工法で建てた家を解体した時に撮影。居室から水回りに至るまで、カビや結露の跡もなく、建築時のままの状態で維持されており、その耐久性の高さがよくわかります。
 
 
 
 
 
5.省エネ・創エネ
 
 
 
ゼロエネルギーで暮らす、ZEHとは?

ZEH(ゼッチ)とはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、建物の高断熱+省エネ+創エネにより、家のエネルギー収支をゼロ以下にする住まいのことです。エネルギーの自給自足ができるため、万が一、停電が発生しても電気を使うことができ、災害の備えとしても安心です。
 
 
 
高断熱・省エネ・創エネを組み合わせて、エネルギー収支をゼロに。
※一次エネルギーとは、発電のために必要な石油や石炭、天然ガス、水力、太陽光など、自然界から得られるエネルギー源のこと。
 
 
建物の高断熱仕様+機器の高効率化により使用エネルギーを削減し、さらに、太陽光発電の創エネルギーを用いることで、エネルギー収支をゼロ以下にし、快適な暮らしを実現します。
 
 
 
 
毎月の光熱費を大幅に軽減し、ZEHで賢く暮らす

 
 
ZEHの家づくりは、一般的な住宅に比べて初期費用は多くかかりますが、光熱費といった維持管理費用を大幅に軽減。生涯住宅費という長い目で見れば健康で快適に暮らすことのできるZEHはかしこい選択といえるのではないでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6.遮音性
暮らしにおける音の問題を優れた遮音性能で解消

車や電車の騒音、ご近所から聞こえるピアノの音、犬の鳴き声、室内においては子どもがはしゃぐ声や趣味で楽しむオーディオの音漏れへの心配など、ストレスを感じることが多くありますが、住まいの遮音性を高めることで解消できます。
 
 
 
 
騒音も大きさが1/8になる感覚に
 
 
スーパーウォールの家の室内は、外からの騒音が気になる環境においても、睡眠や勉強などの妨げにならないほど静かで快適な空間です。また、楽器の演奏など屋外への音漏れへの心配についても、優れた遮音性能によって、周囲を気にすることなく、音のストレスから解放される室内環境を実現します。
 
 
 
 
優れた遮音性能の理由は、高気密施工+高断熱サッシ
音の侵入や音漏れは、主に建物の隙間など出入りしています。スーパーウォールの家は、高気密施工のため、優れた遮音性能を発揮。高断熱サッシ・複層ガラス仕様などによって、遮音性能をさらに高め、快適な室内環境を実現します。
 
 
 
 
7.品質と保証
 
 
スーパーウォール工法は安心の品質を保証

 
スーパーウォール工法は、一邸一邸で住宅性能の確認から部材の保証を建てる前も建てたあとも、安心の品質を保証します。
 
 
 
 
全棟で気密測定を実施し、性能報告書を発行

 
スーパーウォール工法は、高気密住宅の目安となるC値2.0を超える、C値1.0を基準とし、全棟において高気密住宅を目指しています。そして、住宅の構造体と開口部(サッシ・ドア)の工事が完了した段階で、一邸一邸、気密測定を実施し、性能値を確認。さらに、設計時の熱計算により算出された、温熱性能と外皮性能、測定した気密性能を数値で確認することができる性能報告書をお客様にお渡ししています。
※性能報告書は、住宅の性能値を確認するもので、性能を保証するものではありません。
 
 
 
 
断熱材内部の結露による劣化を35年間保証付き

スーパーウォール工法の断熱材は、水分を透しにくい硬質ウレタンフォームなので、室内からの湿気をガードし、断熱材内部に結露を発生させない高性能な断熱材です。スーパーウォール工法では、断熱材内部の結露による劣化を35年間保証されています。
※保証対象となるのは、壁・屋根・小屋裏・小屋に使用している断熱のみとなります。
 
 
 
 
8.お客さまの声

 
 
 
スーパーウォール工法で建てたお客様の声を紹介

 
 


 


 


 


 


 


 


 
TOPへ戻る